金額の決まってないものを売るということ

どうも、トライバルデザイナーのGaiです。
最近は「デザイナー」と名乗ってもいいものか怪しくなるほどいろんなことをやっておりますが、デザイナーです。

先日、飲食関係の方とお話する機会があり、ほろ酔いになりながらもいろいろなことを話させていただきました。

その中で議論になったことが
「金額相場について」
です。

いわずもがな、飲食は三大欲求にも含まれており、一般の方でも触れる機会がとても多い。
必然的に相場がわかります。

しかしデザインは、一般の方よりも企業様やアーティストの方との関わりがほとんどです。

もちろん金額相場など知りません。
(まれに知ってる方もいますが)

例えば「名刺をつくりたい」となった場合はどうすればいいでしょうか。

まず、デザイナー業界でいうところの相場は

片面1万から2万

となります。
もたろん、有名な方がデザインするとなると金額は跳ね上がります。

では、相場を知らない人がデザイナーに依頼する場合、いくらでやってほしいと頼むでしょうか。

答えは「タダ」です。

衝撃の事実。
これでは仕事になりません。

要するにレストランに行ってこう言うのです。
「お腹すいたから俺が言う物をタダで食わせろ」

意味不明ですが、これがクリエイト業界の闇です。

デザインに限らず、音楽もイラストも何でもかんでも「タダ」が当たり前。
そんな馬鹿野郎が蔓延ってるのが今の日本です。

そんな人に限ってバイト代を増やせとか理不尽な事を言ってるわけですね。

とにかく、デザイン業界で、且つ個人でやるということはそういう混沌の中で孤軍奮闘しなければいけないということ。これだけは肝に銘じておかなければなりません。

夢で飯は食えません。

まずは相場を知った上で、金額を設定して、売っていきましょう。

世の中にはいろんな格安サービスがあります。
最近はそれこそ「タダ」でデザインする印刷業者まででてきました。

こんな業界で戦えない?

いや、大丈夫です。
何故大丈夫かというと、未だに「デザイナー」という職種が成り立っている理由にも繋がります。

つまりは、「そもそも戦う舞台が違う」のです。

格安サービスが「300円で食べられる牛丼」だとするならば、デザイナーの仕事は「一品3000円する高級レストラン」です。

こだわりの仕事と誰にでもできる仕事。これをごっちゃにしてはいけません。
逆に言えば、格安で提供するデザイナーは「自分で自分の価値を下げてる」のだから放っておきます。
勝手に自滅します。

では、相場を知らない人に依頼された場合はどうするか。

簡単です。
価格を伝えて、ダメならおしまい。

そもそも、数千円とか1万円の小型案件はお願いしてまで取るものではありません。
(どうしても実績がほしい案件、お金以外の価値がある案件は別です)

格安サービスの話をされても、そっちでやってもらって構わないと伝えておしまいです。

長くなるので、話をまとめましょう。

デザイナーとしてやっていく、もしくはクリエイト業界に身を置く場合には、これらのことを意識します。

・人脈を増やす
・技術を高める
・自信を持つ

まずはここです。
「知らない人から依頼が入るのは、有名になるか、人づての紹介のみ」
ということを理解しましょう。
自分のサイトは重要ですが、それだけではダメです。
できることは何でもかんでもやることが前提です。

クリエイト業界の相場がいろんな方に知ってもらえるように、今後も発信していきます。

それではまた。

Gai

デザインとアートは違うというお話

 a0001_013579
 
どうも、Gaiです。
 
先日、美容室のチラシ作成依頼を受けたときにあったお話。
なぜ「デザイナー」と「アーティスト」は区分が分かれているのか。
そこんとこをちょっと掘り下げていく。
 
 

アート気質は面倒くさい

いただいた依頼内容としては
・ロゴはもうある
・今までつかってたチラシを改良したい
 
とシンプルな内容。
 
美容院のチラシだし、わかりやすいシンプルなものに。
理容はさみを配置しロゴを配置し、金額や場所などの情報をわかりやすく覚えやすい感じでデザイン。
依頼者と色合いや細かいところを確認し、OKサインがでたので、あとはお店側の美容師に細かい部分の確認。
 
こちらとしては商業デザインとしては割とテンプレートな枠組みではあるけど
ロゴも決まっているし、記載する内容もほとんど決まってるのでわかりやすい形をチョイス
したのですが。
 
 
美容師「僕の求めるものはこうじゃない」
Gai ポカーン
Gai「いや、あのね。あなたのクリエイティブな作品を作ってるのではなく、
美容室のチラシデザインをつくっているのですけど」
美容師「いや、僕は僕のセンスを信じているので」
Gai「」
 
 
一体何がおきてる・・・
アートの依頼ならともかく、このデザイン依頼はいわゆる「商業デザイン」であって個人のクリエイティブな欲求を出すものではない。
確かにクリエイティブな発想で商業デザインを作り出せる「天才」はいる。
しかし、その他大勢の「普通のデザイナー」はあくまで「テンプレート」に従うべきだと思う。
 
 
 
 

売上などどうでもいい。

ものすごい名言がでてしまった。
美容室の運営を任されている人間からでる発言とは思えない。
 
この美容室、オーナーは別にいて雇われ店長のようなものなのだ。
売上をあげる義務があるし、お店を貸してもらってる義理もあるはず(だと僕は思ってる)
その人間が
「売上などどうでもいい」
一体全体どういうことなのか。
 
なんでも「このお店は自分のもの」で「自分のセンスで作品を作っていく」で「評価されるなら売上なんて二の次」だそうだ。
 
 
そもそもお店はオーナーのものだし、作品作りは勝手に自分の範疇でやればいい。
売上が二の次なんてもってのほかだ。
 
 
まあそのへんは今回の話からは遠ざかってしまうので割愛する。
 
 
何が言いたいかというと、売り上げをあげるためのデザインを提案したのに対し、アート性が無いと批判されてしまったのだ。
論点が違う。
 
 
 
 

デザイナーとアーティストの違い

答えから言わせてもらう。
 
デザイナーは「依頼通りのものを作り上げる」
アーティストは「自分の表現したいものを作り上げる」
 
デザインが「設計」なのに対し、アートは「表現」
 
意味するものも意図するものも違う。
 
デザイナーとアーティストが意見をぶつけ合うのは全くの無意味。
仕事の上では相容れない。
 
そしてデザイナーは仕事であって、アーティストは仕事ではない。
デザイナーが向いてるのは相手で、アーティストは自分を向いている。
 
 
 
家を作りたいと依頼されて、車を作ってどうするのか。
 
 
最終的には「もっと本気で作ってほしい」とまで言われてしまった。
方向性が違うということを理解していない。
 
 
 
 
 
 

自分ひとりで完結しない仕事について

世の中、数えきれないほどの仕事がある。
デザインだけではなく、多くの仕事では第三者と関わることがほとんどだろう。
 
その中で何を大事にするか。
そもそも、根本的に、本質的に、何が求められているか。
世の中はわからないことだらけではあるが、自分の持つ芯と世間が求めるものを把握した上で着地点を決める。
それがどっちに偏ってもいけない。
 
しかしそれを判断する基準すら存在しない。すべては自分の考え一つ。
 
 
頭を使って考えること。
自分の意見抜きにして、イメージしてみること。
他人の意見に左右されないこと。
 
デザインでもアートでも、その物事に対して自分の考え方を明確にしておく。
クライアントとよく話す。
 
 
細かく細かく考えることはたくさんあるが、大丈夫。
 
 
 
 
 
 
いくら考えても、結論なんて出ないのだから。自分で納得するかどうかの問題。
 
 
せめて、納得できる着地点を、争い無く決めるだけの頭を使ってほしいと思う。
 
 
美容院のチラシも、無事納品して印刷した。
 
 
 
しかしまあ、何事も経験か・・・
 
 
ではまた。
 
 
Gai