ニコ生第3回放送終了!トライバルグッズ増加!

12/20
Gaiさんのトライバルを広めるファッションバラエティ番組「地下池袋GMS-Hop」の第3回放送
でした!
毎回ハプニング続きな放送ですが、今回も例に漏れずハプニング(笑
そう、神尾みずちゃんもしょぉむ先生もお仕事で不在!つまりGai店長一人営業となりました
・・・!
しかし一人で30分話していてもよいのですが、応援メッセージの中に「ゲスト呼んだラ楽し
そう」とうれしいものがありましたので、この機会に呼びました。

「誰もがヒロインに」をコンセプトに活動しているCINDERELLAのDAICOさんに来ていただきま
した♪
DJやイベント主催などで積極的に活動しているDAICOさん。
今回はいろんな話を聞かせていただきました!

前回同様、今回も土日限定シャンメリーを差し入れでいただきニコ生スタート!

OPトークで、いただいたメールを紹介。PN「クリスマスヒトリボッチ」さんからいただきました♪
ありがとうございます!

それでは各コーナー!

・Gaiのガイケン!
その場で誰かのファッションを☆3つ満点でGaiさんがチェックするコーナーです。
本日はもちろん、ゲストできていただいているDAICOさんのファッションをチェック!
カラフルな水玉模様にストローハット、丸サングラスに大きな「D」の形をしたネックレス。
いつみてもファッショナブルで奇抜。いったいどこに売ってるんだって恰好を毎回してきて
くださるDAICOさんほんと好き。
冬なのに南国バカンス気分を味あわせてくださったDAICOさんのファッションは☆3つ満点

さすがのDAICOさん。
・ライフガイ
それぞれの生きがいを語るコーナー。
ゲストのDAICOさんに焦点をあてて、いろいろと訊いてみました!
DAICOさんは女装で活動されている方。そのルーツに迫りました・・・!
聴いていいことかどうか迷いました(笑)が、実際聴いてみるとほんとにささいなことがき
っかけ。そしてそこからCINDERELLAのプロジェクトがスタートしたとのこと。
うーん、何がきっかけで始まるかわからないものですね・・・
気になる人は第3回放送のアーカイブを見てみてくださいね♪

→http://kamibukuro18.com/gms.html

そして、DAICOさんからも質問をいただきましたがトライバルについて。
どんなことを考えてトライバルを描いているか。そしてトライバルとはそもそも何なのかと
いう部分を語らせていただきました!トライバルのルーツ、知っている方少ないのではない
ですかね?(^^

こちらは是非いろんな方に知っていただきたい!
トライバルとは何か。こちらも是非きいてみてくださいな!
・自腹商品開発部
Gai店長の自腹で商品を開発するコーナー。
今回の開発品は、「トライバルiPhone6ケース」!
手描きでトライバルをデザインした上に油性ニスでコーティングした一品。
本来視聴者評価で☆3つ満点でつけていただくところですが、今回はゲストにきていただいて
いるDAICOさんに点数をつけていただきました!

その結果は・・・・☆2つ!
というわけで視聴者プレゼントとなりました(^^
自腹で発送する商品のラインナップが増えました(笑

商品化も全然いけるとのことだったので、いろんなデザインでスマホケースは商品化を考え
ていきますので、おたのしみに♪
コメントで「カバンとかつくれる?」といただきましたので、いろいろなものをつくってい
きます(^^
DAICOさん、ありがとうございました♪また機会あればおよび致します!

さて本日は店長の一人営業でしたが、なかなか楽しくできました(^ω^)
今後もいろいろなトライバル作品をつくって、皆様に知って、興味をもっていただければと思っております♪
それでは。

音撮始動!

アーティスト写真を撮りつつ、音楽に酔いしれる。
本当にいい写真は音が無いと撮れない。

そんなことを考えて幾星霜。ついに企画が始動します。

その名も「音撮 Music make the best you」。
写真スタジオを使っての音楽イベント。
本格的に写真撮影をしながら、音楽イベントも楽しんでしまおうというイベントです。

お酒も提供し、珠玉の選抜DJが音楽を奏でる空間であなたのベストを引き出します。

、、、といろいろ書きましたが、素敵な写真とりましょうってことです。
以前に「アコパ」として一度同じコンセプトでやりましたがこれがなかなか好評。
いろいろと改善点も見えたので次回はもっといろいろ整備してやろうと再度企画したのが音撮というわけです。

写真撮影を身近なものにしたい。
撮ることも撮られることも楽しいことだと知ってほしい。
そして音楽はどんなものにも相性がいい特効薬なのだ。

そんな思いがあり、相方雨宮と共に始まりました。
頻度もわからない、場所も不明。そんな企画ですが、人気なようならまたどこかで企画しますとも。

そんな音撮、よろしくお願いします。

ちなみにロゴは自分でつくりました。
こういう時はデザイナーでよかったと思いますね。
経費削減。

それでは。

JICOO撮影

12/5
日中はDJがありましたが、そのままぶっ通しで夜にJICOOでカメラマンのオファーがありました!
いままでいろいろと写真を撮ってきましたが、ここでついにスピードライトを導入。
ダンシングカメラマンとして踊りながら撮影してきたので、果たしてライトをつけて動きに耐えられるのか若干の不安がありましたが、撮る写真の幅が広がるので導入!

結果は、とってもよかったです♩

スピードライトはi40という小型のものを使用。軽いので振り回す負担は減るし、カメラもd3300で小型なのでバランスとしてはちょうどいい感じ。
そのうちフルサイズカメラを買うことがあれば買い換えようw

イベント中はレンズも変えずそのままのセッティングでずっと撮影していたのだけど、特に不満という不満はなく。
あるとすれば焦点距離がすぐに変えられない(ボタン長押し)のがあるけども、拡散フィルターがライト自体についてるので、それを使えば近距離遠距離問題なく切り替えできる。
写真の周囲が暗くなるような写真が好きなので、あえて距離は80mmに設定。
そうそう、こういう写真が撮りたかったのよ。
カメラについてるデフォルトのフラッシュだとこうはいかない。

ライトを上にむけて反射で撮ったりもして、自然な感じに撮れることもわかった。
でもイベント中としては、やっぱり直接あてた方がすきかも。

カメラ、まだまだはまりそう!

ワンカラ楽しい!

12/3
1人カラオケ。
それだけ聞くと、友達いないんかこいつとか思うのだけど実際にやってみるといろいろと利点がある。
まず、集中できるし、下手くそでも気使わなくていい。時間も自由だし、思う存分歌える。
過去はカラオケボックスに入ってやるのが普通だったけども、なんと1人カラオケ専門のお店
があるのだ。
その名は「ワンカラ」。
1人カラオケ専門店。半畳ほどの個室に網付きのマイクとミキサーがあり、なんというか「収録してる感」がありとても過ごしやすい。
もちろんフリードリンクだ。

金額は30分300円と、安いカラオケ屋に比べると割高だが、それに見合うものはあると確信してる。
ヘッドホンは自前のものが使える。
もちろん使わなくてもいいのだが、ワンカラの魅力が半減してしまうのでそこは使ったほうがいい。
レンタルもできる。

そして、待ち時間もほとんどない。
個室が小さいので数が多く、かつ1人でいくことが前提なので友達とまとまってってこともない。
いつ行ってもほぼほぼ入れる。

誰にも邪魔されることなく思いっきり歌える空間。それが「ワンカラ」なのだ。

最近、カラオケに行こうという友達が何人かいて、しかもその友達がめちゃめちゃ歌がうまい。
なので、ちょっと悔しいのだw
秘密裏に練習してもっとうまくなろうと考えてる人はなおさらワンカラがオススメ。

というわけで、がいさんは予定がない限りなるべく歌って行こうと思ってる。
目指せボーカル☆

ニコ生始動。そして

12/3
ニコニコ生放送が始動して、いろいろと考えたり、行動したり。
言うは易しやるは難し。
とにかくこの短期間でいろいろとありました。
しかし確実に自分の成長につながってる。

ここ最近でわかってきたことが、自分は長期的な目標をたてて行動するのが苦手、ということ。
ホリエモンが言ってたことで、長期的な目標をたてるときは見通しを立てないといけないときとモチベーションを保つため、そして直近でやることへのいい訳、らしい。
いまやること、すぐやることに対してモチベーションがあがる人の場合はあまり必要ないんだ、とか。

自分としてはその方が楽だ。長期目標をたてるのに時間を費やすくらいだったら目の前にあることを全部消化していきたい。
それくらいやることがたまってる。
別にやることが必須なことは少ない。でも、やりたいことがたくさんある。
いくら時間があっても足りないけど、スケジュールをたてないと!という考えがあるからストップがかかってる気がする。

もっと喜楽でいいのだ。喜楽に目の前のことを楽しんでやっていけばいいのだ。
そう考えると楽になってくる。仕事に妥協するつもりは毛頭ない。というか期待以上のことをしてこそ仕事だと思ってる。

もっと上を目指せる。
成長意欲、ストイックさ、努力量。もっと増やせるのだ。Gaiさんはもっともっと前に進めるのだ。