ドラムの練習。

29日(月)
自分のサイトをつくるために、委託先と打ち合わせ。
とりあえずいろいろとプランをもってきてくれたので二人で検討。
当面の方向性は決まったのであとは動くのみ。
期待以上な感じになりそうで、いろいろなコンテンツも充実させたい。
こういうのって参考にするものがあって、そこをいかに自分風にデザインしていくかって考えると思うのだけど、オリジナルで作り出せる人ってほんとすごいと思う。
閑話休題的な感じでクリエイターの価値についてって話していたのだけど、日本ではクリエイターやアーティストの価値ってのはかなり低くなっている。
デザインに1日とか2日かかるのは当たり前なのに、1万とか2万を提示するとびっくりした顔をする。
いい加減にしてほしい。
10時間かかってつくるものを1000円で買おうとする馬鹿が多すぎる。
時給100円でバイトするのかお前らって思う。


ビジネス英語を身につけて海外に展開した方がいいかもしれないってホントに思う。
ものの価値は主観的なものかもしれないけど、ちょっと考えるようにしてほしい。今の日本は頑張っても頑張っても評価されない世の中。
ものづくりが衰退している理由って、仕事にできるようになるまでの壁が高すぎるんじゃないかな。
もっとクリエイトに対して寛容な環境ができれば、もしくは作りたい。



さて、話題はもどりますが、デザイナーとしては普段絵を描くことがほとんどだけども、こういうサイトとか音楽とか制作物に関してはけっこうこだわりたいタイプ。
「なにかないの?」といわれて、サッとだせるサイトで、パッと見で何をしてるかわかる。そんなサイトを目指す。


割と長い付き合いの相手なので話も弾み、結局2時間以上会話しておりました。




そのあとは、友達のドラマーを誘いドラムの練習をするために荻窪のスタジオへ。
なぜか急にドラムが叩きたくなったので29歳になりながらもドラムのレッスン開始!
23時から2時間たっぷり練習し、ドラムパターン3つを教えてもらった。
やっぱりちっさいころからずっとやってて、大学でも部長やってるような人だから教え方うまいね。
ドラムはいろいろとセッティングが多く、友達も自分用のセッティングを持っているようだ。
一般的なループを教えてもらい、BPM100のメトロノームに合わせひたすら練習。
ドラムの練習って、ドMでないとつらい。楽器全般に言えることだけどね。
僕は楽器の練習自体が好きなので、反復練習していくうちに良くなっていくことに喜びを感じるのだけど、嫌な人には嫌なのかな?すぐにうまくなりたい!って人がいるけども、そんなことはできない。
1か月でできる○○とか、1週間で、とかいろんな本や情報が錯綜している世の中。
確かにできるかもしれない。
ただそれは本に書いてある内容だけ。
応用も経験もなにもなく、できた気になっているだけ。


ドラムの練習も教えてくれてる友達はいろんなアレンジパターンを叩いて楽しんでいたけども、こっちはマネしてかっこつけようとせずに愚直に教わったことをできるようにする。
かっこつけようとするほど、かっこ悪くなる気がする。
基礎ができていてこそ応用がかっこいい。
かっこよさってのは意図的に出すものでなく滲み出るもの。
普段の在り方生き方なんてのもアーティストの作り出すものに影響を与えるものだと思う。



別にそんなことを考えながら叩く余裕なんてないけどねw
頭でドラムパターンを思い浮かべながらそれに合わせて体を動かす。
慣れてきたらあんまり考えないようにして叩いていく。
ドラムを見ながら叩けるようになったら、今度は思いっきり楽しみながら叩く。
そんな繰り返しで叩いていたらあっという間に2時間。
休憩せずに一気に過ぎてしまった。あっという間。


最後に10分くらいピアノを弾いて友達とジャズセッション。
やっぱ楽しいわ。またバンドしたいなと思う。
しばらくはドラムの練習もにしよう。
近いうちスティックも購入して、




って、また時間使うこと増えちゃったよ。
一体どこに向かっているのか。



練習終わるころには終電も終わっていたので、友達のバイクで送ってもらう。
実はバイクに乗るのは初めてだったりw
人生初めてのバイク。
なんというか、「早いチャリ」
風の感じはスノボーの様だった。


夜風が気持ちいい。


結局帰ったのは1時半。
そこから仕事の電話をしていたら長引いて、4時に就寝。
こんな生活で大丈夫なのか?w



Gaiさんの日々は続く。



30日はDJ!
高円寺割烹DISCO大蔵で、80年代のクラブミュージックを流してます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です